パワースポットと風水の関係

神聖でエネルギーの満ち溢れている場所をパワースポットと呼ぶようになったのは、1990年頃です。
意外と最近ですね。
このころにパワースポットが注目され、運勢をよくしたいならパワースポットに行くのがいいと勧められるようになりました。
日本全国のいろいろなところにパワースポットが誕生して、それを観光資源にしている地域もあります。
パワースポットがこんなに有名になったのは、風水のブームも関係しています。

2000年に入ると、神社を巡ることを聖地巡礼と呼ぶようになります。
たくさんの聖地を巡ることで、どんどんエネルギーを頂くことができます。
すると運勢も、次第によくなっていくでしょう。
また神社を、サンクチュアリやスピリチュアルスポットと呼ぶようにもなりました。
男性も神社を巡る人は見られましたが、特に女性の間で聖地巡礼をするのが流行ったと言われています。

2009年頃には、テレビや雑誌といったメディアでもパワースポットが紹介されるようになりました。
そのため、より一層全国にパワースポットが話題になっています。
近年にかけては、パワースポットを巡るツアーが各旅行会社で企画されています。
パワースポットを巡ってみたいと思っても、どのような場所に行けばいいのかわからない人が見られます。
人気の高い有名なパワースポットを巡るので、これまで訪れたことがない人におすすめのツアーです。
逆に、知られていない秘密のパワースポットに行くツアーもあります。

いつからブームになったのか

こんなにパワースポットが人気になったのは、風水が大きく関わっていると言われます。 自然のエネルギーを受けて、運勢を向上させるというのが風水の考えです。 それにあやかって、たくさんエネルギーを頂ける場所を1990年頃からパワースポットと呼ぶようになりました。

神聖な場所を巡ること

パワースポットをたくさん巡ることを、聖地巡礼と言います。 聖地巡礼が流行り出したのは、2000年代に突入してからです。 気軽にどこへでも行けるようになったので全国からパワースポットを目当てに訪れる人が増えました。 男性よりも、女性が多かったと言われます。

最近の傾向を探ってみよう

2009年頃になっても、パワースポットの人気は衰えません。 逆にメディアにも取り上げられるようになるので、さらに人気が加速します。 聖地巡礼のツアーが、旅行会社で組まれることも多いです。 そのため、以前よりも気軽に聖地巡礼ができるようになりました。

おすすめリンク

パワースポットの歴史

今やおなじみのパワースポット。どんな背景から生まれたのでしょうか。その歴史について調べてみました。